« 収穫の秋 その2 | トップページ | ジャガイモ・南瓜ネット販売始めました »

2007/09/18

デントコーンサイレージの仕込み

P1010589 5月に種まきをしたデントコーンが実り、収穫して、きざんで、ドラム缶に詰め込んでサイレージを作ります。鶏たちの餌になります。

まずは人の背丈以上になったデントコーンを刈り倒します。

それをトラクターで運びます。ここまでがまず、一仕事です。

P1010591 それをカッターという機械にかけ、細かく刻んでいきます。

ドラム缶に入れて、全体重をかけてぎゅうぎゅうに踏込んで、いっぱいにします。空気が入らないように蓋をしっかり閉めて、数ヶ月寝かせれば完成です。

完熟したものは、甘酸っぱい香りがして、鶏たちは大喜びです。

こんな作業を延べ7日くらい続けて、40本ほど作ります。

ちなみに、なぜデントコーンと呼ぶのでしょう? 実が熟して硬くなってくると、一粒一粒の実の中央が凹んで、まるで人間の奥歯が並んでいるような形になります。それでデント(歯)コーンと呼ばれるのです。

|

« 収穫の秋 その2 | トップページ | ジャガイモ・南瓜ネット販売始めました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96403/16493003

この記事へのトラックバック一覧です: デントコーンサイレージの仕込み:

« 収穫の秋 その2 | トップページ | ジャガイモ・南瓜ネット販売始めました »