« 鳥インフルエンザのモニタリング | トップページ | カモミールが満開です »

2012/05/24

餌にやっと青草が仲間入り

冬の間じゅうは、夏から秋にかけて作っておいた青草やカボチャのサイレージ(漬物)をせっせと与えていました。そのサイレージもいよいよ在庫切れ。
ちょうど青草が茂ってきたので、バトンタッチ。
ニワトリたちは新鮮な青草が大好きです。

P1050147_small
芝刈り機で草を刈り集めます。

P1050138_small
1日100羽にコンテナ一つ分。

P1050140_small
半年ぶりの青草に群がってきました。

卵の味も徐々に夏の味へと変わっていきます。
イネ科の草は糖分が多いため、黄身に甘みが出ます。
クローバーなどマメ科の草は、タンパクが高いので鶏たちは大好き。しかも黄身にコクが出ます。が、やりすぎると苦味が出ます。
丁度いい味になるように、バランスを考えて与えます。
自然の恵みに感謝です。

先日、福島県伊達市の自然養鶏仲間から報告をいただきました。

「500Bq/kgの米糠
20,000Bq/kg(表層5cm)の放牧地
以上の条件で1年間飼育した結果…
鶏卵~6Bq/kg(全卵)
鶏肉~21Bq/kg(もも肉むね肉のみ)でした。   
(ともにセシウム)」

この結果に対して、安全とか危険とかコメントはありませんでした。
どんな気持ちで続けているのだろうと思うと心が痛みます。
同時にこんな状況に仲間を追いやった原発に怒りがこみ上げてきます。

生きていくための一番大事なものを奪っていくのが放射能です。

明日はわが身かもしれない。そう思いながら日々、鶏や畑と向き合っています。

|

« 鳥インフルエンザのモニタリング | トップページ | カモミールが満開です »

コメント

原発ヤク漬けになる地域が出てくる根本的な理由は、地方への権限移譲が不十分だからと考えています。農業は国を守る重要な産業と捉えています。私が井山さんのところから直接購入させていただく理由は2つあります。
①ケージ飼いされ、鶏権を奪われている不幸な鶏を少しでも減らすこと
②地方に直接お金を落とし、少しでも地域が潤って欲しいから

コイズミの最悪政治以降、日本、いや世界が一層酷い状態になっていますね。
これからもずっと購入させていただきます。
都心で稼いだお金を少しでも一生懸命頑張る日本国民のために―。

投稿: 上野節子 | 2012/06/11 09:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96403/54790289

この記事へのトラックバック一覧です: 餌にやっと青草が仲間入り:

« 鳥インフルエンザのモニタリング | トップページ | カモミールが満開です »